スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サルコジvsECB

フランスの新大統領にサルコジ氏が選ばれました。氏の経済政策について調べてみたのですが、彼はかねてよりECB(ヨーロッパ中央銀行)に対して「インフレ率をおさえることばかり気にしていて、成長がおろそかになっている」と不満をぶちまけていたようです。

統一通貨により自国での独立した金融政策が不可能となったフランスでは、ドイツとともにデフレではないもののやや低め(1%台)のインフレ率が続いています。もう少し高めのインフレを許容してでも金融を緩和すれば、失業も減りもっと経済が成長するだろうというのがサルコジの主張です(ユーロ高もかなり気にしているようです)。

しかしECBは独仏以外の国も気にする必要があり、スペインが3.6%、ギリシャが3.3%というインフレ率の状況を見ると、緩和はむずかしい気がします。そして、EU各国の財務大臣はサルコジに対し「中央銀行の独立性は重要である」という警告を発しました

高インフレで好景気なスペインやギリシャの代表がそう発言するのは当然ですが、フランスと同じく低インフレで金融政策による刺激の余地がありそうなドイツも「中銀の独立性マンセー」なので、フランス大統領だけが緩和しろと言っても相手にしてもらえそうもありません。

あとは財政政策ですが、これもEUの縛りがあって好きなだけ赤字を増やすことは許されていない。「じゃあユーロやめてフラン復活させるからいいよ」とタンカ切ってユーロから離脱してくれると大変面白いのですが、まあそれはムリでしょう。

すると、フランスはもう他国の金融政策を攻撃するぐらいしか手がなくなります。つまり中国や日本に対して、もっと金利を上げて通貨を上げろ、と注文を出してくる。これは自国のインフレ率を上げるのには役に立ちませんが、サルコジは為替レート(ユーロ高)の方を問題視しているようなので、これでもいいわけです。

従来、ECBの金融政策の問題点を指摘するヨーロッパ政府首脳はいなかったので、その点を真っ向からとりあげたサルコジは偉いと思うのですが、その行き場のない攻撃先が日本に向いてくるとすれば、とっても困った存在となってしまいます(前任者と違い日本嫌いのようですし)。

日本がそのような不当な要求をちゃんとはねつけられればいいのですが、逆に嬉々として(それを口実にして)利上げしそうな奴等が牛耳っていますからねえ。

参考: ユーロゾーン各国の実質成長率とインフレ率(IMF 2007年版WEO)
スポンサーサイト

2007年05月09日 未分類 トラックバック:1 コメント:2

御意。日本の平均インフレ率は他国より低いから糊代は不要とかいう無糖の暴言は酷すぎ。デフレだから平均が低いだけなのにねぇ。猿孤児が馬鹿なら某厨銀は阿呆で良い勝負orz

2007年05月09日 銅鑼衣紋 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年08月15日 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://cloudy9.blog29.fc2.com/tb.php/51-adc2cae4

[只野日記]ところでサルコジのこととか

あんまり盛り上がってないみたいだけど(ボクが知らないだけ?)、おフランスの件はどういうふうに見ればいいんだろう。もしかしたら「米のいいとこ取りをしようとしている仏」「ボクらが“思い込まされてるかもしれない”米とは違った米への新たな視点やその炊き方」な

2007年05月12日 如何にしてヨメを映画館に連れて行くかをかく語りき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。