スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サルコジvsECB

フランスの新大統領にサルコジ氏が選ばれました。氏の経済政策について調べてみたのですが、彼はかねてよりECB(ヨーロッパ中央銀行)に対して「インフレ率をおさえることばかり気にしていて、成長がおろそかになっている」と不満をぶちまけていたようです。

統一通貨により自国での独立した金融政策が不可能となったフランスでは、ドイツとともにデフレではないもののやや低め(1%台)のインフレ率が続いています。もう少し高めのインフレを許容してでも金融を緩和すれば、失業も減りもっと経済が成長するだろうというのがサルコジの主張です(ユーロ高もかなり気にしているようです)。

しかしECBは独仏以外の国も気にする必要があり、スペインが3.6%、ギリシャが3.3%というインフレ率の状況を見ると、緩和はむずかしい気がします。そして、EU各国の財務大臣はサルコジに対し「中央銀行の独立性は重要である」という警告を発しました

高インフレで好景気なスペインやギリシャの代表がそう発言するのは当然ですが、フランスと同じく低インフレで金融政策による刺激の余地がありそうなドイツも「中銀の独立性マンセー」なので、フランス大統領だけが緩和しろと言っても相手にしてもらえそうもありません。

あとは財政政策ですが、これもEUの縛りがあって好きなだけ赤字を増やすことは許されていない。「じゃあユーロやめてフラン復活させるからいいよ」とタンカ切ってユーロから離脱してくれると大変面白いのですが、まあそれはムリでしょう。

すると、フランスはもう他国の金融政策を攻撃するぐらいしか手がなくなります。つまり中国や日本に対して、もっと金利を上げて通貨を上げろ、と注文を出してくる。これは自国のインフレ率を上げるのには役に立ちませんが、サルコジは為替レート(ユーロ高)の方を問題視しているようなので、これでもいいわけです。

従来、ECBの金融政策の問題点を指摘するヨーロッパ政府首脳はいなかったので、その点を真っ向からとりあげたサルコジは偉いと思うのですが、その行き場のない攻撃先が日本に向いてくるとすれば、とっても困った存在となってしまいます(前任者と違い日本嫌いのようですし)。

日本がそのような不当な要求をちゃんとはねつけられればいいのですが、逆に嬉々として(それを口実にして)利上げしそうな奴等が牛耳っていますからねえ。

参考: ユーロゾーン各国の実質成長率とインフレ率(IMF 2007年版WEO)
スポンサーサイト

2007年05月09日 未分類 トラックバック:1 コメント:2

日銀福丼総裁インタビュー

ブルー・ムバーグが日銀総裁の単独インタビュー記事を載せていました。大変興味深い内容だったので以下に勝手に翻訳して転載します。なお、ところどころ誤訳があるかもしれませんが、あらかじめ御了承ください。


ブルー・ムバーグ(以下、ブ): デフレ脱却が見えてきたということですが。

福丼総裁(以下福): そのとおりだ。長いこと我々は低金利に苦しめられてきた。が、それももう終わりだ。これからはどんどん金利を上げていく。

ブ: 失礼ながら、問題の本質は低金利ではなく低いインフレ率の方ではないのでしょうか?

福: 誰がそんなことを言ったんだね?我が国の一流紙には、「世界的にみても異常に低い金利」というフレーズは毎日のように出てくるが、デフレについてはほとんど触れられていない。庶民はデフレより、預金に利子がつかないことを心配している。

ブ: …それはともかく総裁、今日はいかにして日本はデフレから脱却できたのかというお話をうかがいたいのですが。

福: ふん、いいだろう。我々は早見前総裁の時代から長いことゼロ金利、量的緩和政策を続けてきた。しかしデフレはいっこうにおさまらなかった。

ブ: はい。

福: そこでわれわれは発想を転換した。むしろ、金利を上げるべきだと考えたのだ。

ブ: (!?)それには理論的根拠はございますか。

福: これからそれを説明しようとしていたところだ。利上げがインフレをもたらす理由は3つある。

一つめは、預金金利が上昇することにより、死蔵されていた現金が銀行に戻ってくるということ。日本では、老人が死んだあとで大量の現金が発見されるということがしばしば起っている。一斗缶の中に七億円もお札が詰めこまれていたとかね。預金にまともな金利がつくようになれば、こういう連中はみな現金を銀行に預けるようになるだろう。

ブ: それがなぜインフレにつながるのでしょうか。

福: マネー量は流通現金通貨と預金残高の和で定義されるが、こういう死蔵されているマネーは現実経済にとって存在しないのと同じなのだ。我々がいくらマネタリーベースを増やしてもマネーサプライが増えないのは、これらの死蔵マネーが貨幣の流通速度を低下させているためだ。したがってそれらが表に出てくることにより、実質、マネーが増加したのと同じ効果をもたらすはずだ。

ブ: なるほど。二つめは?

福: 安心効果だ。これは、日銀が金利を上げたことで、「ああ、もうデフレは終わったのだな」と投資家が安心して投資できるようになる、ということだ。デフレ脱却したにもかかわらずゼロ金利を続けていたのでは「まだ日本経済はダメなのか」と海外からみなされてしまうからな。

ブ: でも実態がデフレのままで金利を上げては元も子もないのではありませんか。

福: そこで三つめの効果、かけこみ効果が重要になってくる。これは、利上げをいきなりやるのではなく、実際の利上げの半年ないし1年前から「利上げするぞ利上げするぞ」とアナウンスを流す。それによって投資するべきかどうか躊躇していた企業の背中を押してやるのだ。今借りて投資しないと来年は金利が高くつくぞ、と脅すわけだ。

ブ: それによって設備投資や住宅購入などの需要が増えるというわけですか。でも、その手は1回しか効かないのでは?また利上げ後は逆に需要が落ち込む心配があります。

福: 1度利上げしたら、また次の利上げが近いぞと言って脅すのだよ。今年は去年より金利は上がったが、来年はさらに上がるとなれば、またいやいやながらも金を借りるだろう。これで実需が増えれば、少しだがインフレ率も上昇する。それで利上げ分は相殺されるから、1年前と比べて苦しいということはないはずだ。

ブ: えーと…それに似たような提案をどこかで聞いたことがあります…そう、毎年消費税率を少しずつ上げていくという話です。たしか、ヒロ・ヤマガタという方の提案ではなかったですか。

福: よく知っているね。実はこのアイデアはその話から着想を得ているんだ。

ブ: なるほど、それで日銀が実際の利上げより前から利上げを臭わせるような発言を繰り返していたわけがわかりました。デフレ脱却のためにはあれは必要なことだったのですね。

福: 理解していただけたようでうれしいよ。

ブ: しかし3月の消費者物価指数ではコアCPI(注:コアコアCPIのこと。アメリカではエネルギーを除いたものをコアCPIと呼んでいる)が-0.3%と、あいかわらずのデフレのようですが。

福: そんな新しい指数のことは知らないね。昨年から始まったものだし。連続性がないよ。

ブ: GDPデフレーターも-0.5%です。

福: しかしそれでも以前の-1%台よりは上がっているではないか。それに銀行の貸出残高を見てみたまえ。以前は減る一方だったのに、我々が利上げアナウンスを開始した2005年後半から徐々に上昇している。

ブ: (量的緩和解除直後は下がってるけどなあ…まあいいや)今後、インフレが実現されなかった場合はどうされるおつもりですか。利下げの可能性はありますか。

福: 利下げは絶対にない。先程述べたのと逆の効果が生じることになるからね。ひたすら利上げだよ。それに、消費者物価の一部には家賃など、金利に関連するものが含まれている。利上げすればいやでもCPIは上昇するさ。

ブ: …。

福: さて、そろそろ失礼してよろしいかな?この後宴会に招かれているのでね。

ブ: ノーパンしゃぶしゃぶですか?

福: (憮然とした顔で)失礼な。私が行くのはもっと上品なところだよ。

ブ: 失礼いたしました。本日は貴重なお話をうかがうことができました。ありがとうございます。

(以上)

無謀な利上げとばかり思っていたのですが、ここまで深謀遠慮があったとは。福丼総裁おそるべし。

2007年04月01日 未分類 トラックバック:1 コメント:2

レジ袋有料化への疑問

安井至先生の公正取引委員会とレジ袋という記事についてコメント(つーか、ほとんど他の人の意見のコピペです)。

事の発端は次のような話です。
「レジ袋ゼロ運動」に「待った」 1枚5円が独禁法違反

家庭ごみを減らすための「レジ袋ゼロ運動」の一環で、新潟県佐渡市が4月から全島内の小売店でレジ袋を1枚5円で販売させる取り組みに、公正取引委員会から待ったがかかった。「1枚5円」に統一することが、自由な営業を妨げるため独占禁止法違反の疑いがあると指摘された。このため市は、「袋代は自由に設定」と変え、「5円」をうたって作製したポスターも廃棄する。

同市は、トキの放鳥を来年に控え、「美しい島づくりを」と、2月から「レジ袋ゼロ運動」のPRを始めた。4月から有料化するレジ袋の代金の5円は、買い物袋「マイバッグ」の製作費に充てる計画だった。

人口6万8000人、レジ袋を配っている小売店はざっと800店という島だけに、小売業者から「足並みをそろえたい」との要望があり、市側で価格を決めた。

念のために公取委に照会したところ、一律価格は「不当な取引制限に当たり、カルテル行為を禁じた独禁法に触れる」との回答があった。

公取委は「値段は各者が自由に決めるもの。目的は別にして、強制したり、離脱が困難だったりする価格設定には問題がある」と話している。



これについて安井先生は
そもそも、環境問題とは、市場経済に100%任せて、自由な競争だけを原理とした社会では解決が不可能という立場に立たざるを得ない部分がある。

と、独禁法の対象外にしたら?とおっしゃっています。

しかし環境負荷については、容リ法によって再生化義務がすでにあるわけで、レジ袋メーカーやスーパーはそのぶんのコストをすでに負担しているはず(してないとすれば、容リ法自体が役立たずなのでまずそちらをなんとかすべき)。すでに負担しているコストに加えて、さらに有料化をおしつけるのはおかしな話です。

また、レジ袋有料化+マイバッグによって環境問題が改善されるかどうかはおおいに疑問です。この点について、いちごびびえすでの匿名さんの記事にて指摘がありましたのでそのまま引用させていただきます。


174: 名無しさんの冒険  2007/03/07(Wed) 19:28
税制による規制とはちょっと違いますが、容器包装リサイクル法という法律がありまして、再処理費用の内部化はすでに図られています。有料化が話題になったのは、マイバッグ運動を進めたい環境左翼の人が、マイバッグが進展しないのはレジ袋を無料で配っているからだ考えて運動をしているからです。彼らは、資本主義的大量消費社会を嫌悪して、「買い物籠を下げて買い物に行った時代」を懐古しているのです。サーマルリサイクルを含めた大局的な資源のリサイクルを考えているのではなく、身近なことで自分たちだけで実行できる局所最適的な満足感が欲しいのです。このことは、環境問題をやっている人としばらく話をすればわかります。自分の価値観を他の人にも広めて啓蒙したい。トータルでよくならなくても、非専門家である自分たちの責任ではない。活動の目的は自己満足です。必ず、こう言います。
 
175: 名無しさんの冒険  2007/03/07(Wed) 19:29
(続き)スーパーは消費者あっての店舗ですので、割とこういう話には協力的です。ただ、一部環境左翼に釣られて本来の消費者にそっぽ向かれないように、注意深く進めているというのが実情です。コンビニは業態としてコンビニエンス性というのが売りですので、レジ袋有料化やマイバッグ運動のような消費者に負担を求める仕組みには企業理念(消費者へのコンビニエンスの提供)レベルで抵抗があると思います。

容器包装リサイクル法が施行され、加えてデフレがこういう状況ですので、レジ袋は皆さんが気づかないうちに、厚さがほぼ半分になり(1.5リットルPETボトル1本で破けるレジ袋なんてのもあります)、取っ手の長さが数センチ短くなり、縦の長さも短くして容積を減らして、原料使用量の削減なんてのが行われています。

レジ袋が有料化すると、「レジ袋の粗利益率は60~80%」になります。「大きな利益をとって、お客様にお売りするレジ袋が、チンケなものだとクレームになる」という事で、厚さが元に戻り、小さい物をたくさん売るわけにいかないので、必然的に無駄なほど大きなサイズ(LLとかLサイズ)に統一される事になります。有料化でマイバッグに移行する分があるでしょうが、サイズ拡大と厚さアップで原料使用量の増減がどうなるのかは恐らく誰も調べていません。
 
176: 名無しさんの冒険  2007/03/07(Wed) 19:32
マイバッグ化にも色々懸念材料があります。マイバッグも石油資源で作られてますし、女性がマイバッグを購入するからには季節毎の流行商品になり、年間マイバッグ購入数を考えたらレジ袋時代より資源を消費する事になるでしょう。ついでなので予言しておきます。そのうちにコカコーラあたりが、PETボトルに映画キャラクター絵柄のマイバッグをおまけでつけるキャンペーンを打つでしょうw。

加えて、水気のある商品をそのままマイバッグに入れて「液漏れ」のクレームを受ける事がかなり確実に予想されており、この手のものについては簡易包装をやめてしっかりとした包装にするか、それとも別にポリ袋に入れてからマイバッグに入れる事になります。
そして忘れてはならない事は、マイバッグは商品であるが故に「容器包装リサイクル法の対象外」だという事です。これに関連したジョークで、レジ袋も100枚入り300円くらいでレジ横で束で売ったら容リ法対象外になるよねとか、レジ袋有料化は特例で容リ法対象に残りますが、ごみ袋に取っ手をつけて1枚5円で売ったら容リ法の対象外になるよねというような事が言われています。まあ、こういう揚げ足とりを実行に移すと役所に見せしめ攻撃くらうの見えていますので、空気を読める人はやらないと思いますが。
もちろん、マイバッグ慎重論のひとつに万引き対策があるのも事実です。

問題はですね。環境問題を訴えるのも消費者、それによって生じた不利益をクレームとして主張するのも消費者、万引きする人も消費者という事で、全ての消費者が満足できる解決策を考えると、どうも逆に環境負荷があがるんじゃないかと言うことです。
同様に、経済産業省のやり方を見ていると、「レジ袋を削減する」という手段が、自己目的化していて、環境負荷があがってもレジ袋の使用さえ削減できればOK的な、インチキ臭さを感じることです。まあ、役所のやることはそんなものなんでしょうが。


また、レジ袋有料化に関しては「ふぉーりん・あとにーの憂鬱」のレジ袋「禁止」案の「?」でも疑問が提示されています。こちらは

  • 袋を有料化した場合に消費に与える影響
  • コスト負担が小売業者から消費者に移ることによりかえって小売業の袋リデュース努力がなくなってしまうのでは
  • コンビニ弁当等の包装がかえって過剰になるのでは

等の指摘があります。

何が何でもレジ袋有料化ととなえる前に、それがトータルの環境負荷を改善するのかどうか、今一度しっかり検討すべきではないでしょうか。またその検討には、是非とも経済学者を加えるべきだと思います。

2007年03月18日 未分類 トラックバック:2 コメント:2

年収が少なくて困るとこぼす審議委員

山本幸三経済産業副大臣が、日銀は政策の透明性を高めよ!という記事を御自分のサイトで公開しています。
その内容は、先月の利上げ見送り騒動へのコメントで、日銀はインフレ目標をきちんと設定せよという至極もっともな意見で、異論はありません。

注目したのは、この中で紹介されていた以下のエピソードです。

 金利引上げを主張している審議委員の一人と昨年暮れあるグループの忘年会で同席したことがある。その時私が「年収2800万円という高給取りの審議委員を2期も続けるのは問題だと思って再任を反対したのだが、間に合わなかったのだ。」と述べたのに対し、当人は「でも民間企業から来た人は、収入が激減して困る。」と言っているわよと平然と答えたのには驚いた。彼等には、年収250万とか300万円とかの庶民の気持ちなど全く分かっていないのだ。

(閉じカギカッコの位置がずれているような気がしますが、原文のまま引用しました)

再任ということ、および語尾が「わよ」となっていることから、この発言は須田美矢子氏と考えられます。「報酬が安い」は御本人ではなく、他の委員の発言の引用ですが、この文脈でこの口調からすると須田氏自身もその意見に同意しているということなのでしょう。いやはや…

彼等がちゃんと仕事をしてくれればその倍の報酬でも全然問題ないのですが、この10年の状況では年収300万でも高すぎると思います。

ところで彼等の報酬はデフレに連動して減額されているんですかね?ずっと据置きだとすると「デフレは実質所得が増えるので良いこと」と誤ったインセンティブを与えることになりませんか。クビにできないのなら、せめて彼等の報酬をデフレ率に連動させて(そのままでは甘いのでデフレ率の10倍ぐらい)減額するぐらいのことはやるべきではないのでしょうか。

2007年02月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

新銀行東京

昨年、svnseedsさんのところで以下のようにコメントしました。

cloudy 『ところで郵政民営化賛成の都知事は、一方では都営の銀行を設立していますね。↓のFAQみると、債務超過の企業でも融資の申し込みは可能、担保も不要とあります。資本は都税なので焦げついたら経営者でなく都民が損します。モラルハザードですな。
http: //www.sgt.jp/corporate/loan/loan_port/faq.html
私はこっちの方がローリスクな貸し出ししかしない郵貯よりよっぽど問題だと思うんですが、木村剛なんかは「心から歓迎」しているようです。彼等構造改革派の判断基準は理解不能でございます。』


その新銀行東京について本日朝日にこんな記事がありました。
東京都の石原慎太郎知事の発案で、都が1000億円出資して昨春開業した新銀行東京が30日、9月中間決算を発表した。貸出金が目標に届かず利息収入が伸び悩み、貸出先の業績悪化で不良債権の処理費用がかさんで154億円の当期赤字となった。赤字額は一貫して膨らんでおり、来年度に予定している黒字転換は極めて難しい情勢。都や同行関係者、専門家からは、先行きを不安視する声や、経営方針の見直しを求める声もあがる。

 中間決算によると、本業のもうけを示す業務純益も45億円の赤字。経営の健全度を示す自己資本比率は3月末より9.3ポイント低下して21.01%。貸出金に占める不良債権比率は2.03%と同1.13ポイント悪化した。9月末現在、預金残高は5436億円だったが、貸出残高は2349億円。

 赤字は、当初の「マスタープラン」で掲げた2期目通年の126億円をすでに半期で超え、今年6月に下方修正した目標と比べても1.5倍になった。1期目通年の赤字は209億円で、より悪化している計算だ。新銀行が主眼とする中小企業向け貸し出しは1225億円と、貸し出し全体の5割にとどまった。累積赤字は456億円。同行の計画通りでも来年3月末に536億円になる。

 この日、記者会見した仁司泰正社長は、開業当初に資金繰りに困って殺到した会社が、今年夏に相次いで倒産したことが影響したと説明。

あまりにも予想通りなので笑ってしまいたいところですが、都税を納めている人間としてはとても笑えません。

不況で他の銀行も皆調子が悪いというのならともかく、大手銀行は引当金のアレを除いてものきなみ利益をあげている現在、その言い訳は通用しないでしょう。

こんなに無駄金使うんなら、社会保障をもっと厚くして欲しい…

2006年12月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。