スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

まっつぁんの反経済学

http://mazzan.at.infoseek.co.jp/ より。

 リフレ本の内容を現実に則して世間向けに翻訳すれば、こんなもんですよ。経済学者が支持するならともかく、他の分野の学者や評論家がなぜああまでリフレに入れ込むのか、理解できません。比較的教育程度の高い者たちが一面的な真理に傾倒し、世間をバカにしているのですから、もはやリフレは学問でなく、新興宗教です。ああ怖い。

入れこんでる人達は少数派なんだから無視しとけばいいのに。大部分の世間や学者や日銀総裁や審議委員はまっつぁんと同じ意見ですよ。我々の声は大きくない。

いくら理論的に素晴らしくとも、実行した場合にその効果を帳消しにする要因がいくらもあるから怖いのです。そのひとつが「統計奇譚・後編」であげた、日本特有の土地・住宅問題です。そのへんの改革を先にきちんとやって、土地の値段がいまの5分の1くらいになり、家屋そのものにコストをかけられるようになってから、どうぞインフレにしてくださいな、そうしないと結局世間の庶民は永久に安普請の欠陥住宅しか買えないでしょ、という話です。

えーと不動産って必ず買わなきゃいけないものなんでしょうか?べつに生涯賃貸でもいいんじゃないの。

不動産価格がはねあがったバブルの時代でも、家賃はさほど上昇しませんでした。むしろデフレの今の方が上がってるんでは?給与が下がった今の方が賃貸で暮してる我々のような庶民にはきついですよ(実際そうです)。

ところで、こういったインフレフォビア(インフレ恐怖症)とでも言うべき症状は、ここ10年ぐらいに社会に出た人に多いような気がします。デフレは1994年から始まってるので、それ以降に社会に出た人は年々物価が上がっていくという事態を異常に恐れる、というのが私の仮説です。

私は高校生のころにインフレ率20%という狂乱物価を経験しましたが、世の中は今よりずっとマシでしたよ(個人的には女性に縁がなくて暗い時代だったけど(笑))。

世間知的な判断でも、かつてインフレ率がプラスだったときは良い世の中だったが今インフレ率はマイナスで悪い世の中になったとくりゃ、そいつをプラスに戻すべしという結論になるのが普通だと思うんだけど。そう考えないのは昔を知らないからか、さもなければデフレの方が個人的には有利なので社会がどうなろうとリフレに反対する、ということなんでしょうね。まっつぁんが後者の人間とは思いたくないです。

スポンサーサイト

2005年11月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

きゃぴきゃぴ

今日たまたまこんなのを発見。

女子大生に、経済に関する決まったテーマについて記事を書かせるblogということらしい。

とりあえず「いまさらながら、バブルケーザイって、どうよ?」というテーマの週だけ読みました。ほとんど不況しか知らずに育った今の女の子のバブルに対する意識ということで参考になります。肯定的なのは二人だけで、あとの4人は否定的な反応ですね。

突っ込みどころはいろいろあります。コメントもトラックバックも受け付けているので、どなたか行って教育してあげてはいかがでしょうか。ひとりぐらいはリフレ派に育つかもw

2005年11月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

中国の人民元改革

梶ピエールさんのblogで紹介されていた朝日新聞シンポジウム「人民元改革の行方と日本・アジア」を読んでみました。

メインの中国人民銀行の通貨政策委員である余永定氏の講演は、共産圏の人間とは思えぬじつにまっとうな内容。オックスフォードで経済学を学んだということなので当然でしょうが、日本の通貨政策にたずさわる人達が奇妙な経済学ばかり語っているのとくらべると非常にうらやましい限りです。

私の友人でもある、尊敬されている日本人エコノミストは、02年後半という早い時期に、中国がデフレを輸出しているとの批判を始めました。でも日本は03年、04年に中国に対する輸出増で大きな利益を得たのです。

という指摘など、昔の苺経済板での中国発デフレ議論を思いだして苦笑してしまいました。

ただし、その後の米経常赤字削減への処方箋

米国が金利を引き上げ、財政赤字を削減すれば、内需が減少する結果、為替レートにかかわらず米国の経常赤字は減るでしょう。

には疑問。経常赤字を減らせたとしても不況になってしまったら意味がない。私は「金利を下げてドル安にし、同時に増税して財政赤字を減らす」のが正解だと思います。これなら景気に対しては中立的ですし、為替レートと貯蓄・投資バランスの両方を同時に変えるので経常収支を改善する方に向かうと思われます。

さて、梶ピエールさんが「そのあとのパネルディスカッションがくだらなすぎ」と書いているとおり、余氏と渡辺氏以外には専門家がいないみたいで、なんだか世間話みたいになっています。ついこの間まで世界企業のトップだった出井氏ですら、通貨政策に関してはちょっと詳しいサラリーマン程度の内容… でも、その出井氏の質問のおかげで、余氏から以下のコメントが引き出せたのはGJでした。

出井さん、非常にすばらしい質問で重要な質問だったと思います。第一に、中国の貯蓄率は投資率を上回っています。中国の貯蓄はGDPの50%くらいです。投資は45%くらいで、貯蓄超過です。このことは、中国が資本輸出国であることを意味します。中国は貧しい国なのに、資本輸出国なのです。全体としてみると、中国は資本の純輸入国ではなく、純輸出国なのです。

ご存じのように、中国には多くの外国からの直接投資が入っていますが、同時にそれ以上の額の米国の財務省証券を購入しているのです。中国は金持ちの外国から高い利回りのお金を借りています。15%、20%という高い収益性がなければ誰も中国に投資しません。その一方で、中国はお金をどう使ってよいかわからないのです。したがって、3-5%の利回りの財務省証券を買うほかないのです。

苺掲示板やbewaadさんとこにも以前書きましたが、アメリカは中国のおかげで損していると文句をつけているけれど、実際はアメリカが安い金利で中国や日本から米国債という形でお金を借り、その金を減税という形で民間に流し、中国に直接投資の形で貸し出して、高いリターンを得ているという図式がここにはある。結局中国の方が損しているわけですね。一方、アメリカは対外債務が何兆ドルにも達しているのに、支払いより受けとりの方が多い。うまくやってるわけです。

なんでこんなことになるのかといえば、中国国内では金融機能が満足に働いておらず、外国から外貨で借りる方が手っ取り早いという状況がひとつの原因であると説明されています。そしてその結果、資本輸出国でありながら、重い対外債務を負っているという歪んだ形になっている。

まあ、さっさと変動相場に移行して、資本移動の制限をやめてしまえばこんなことは起こらないわけで。固定相場にまだ未練があるのかな?

2005年11月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:6

不況好きな人達

再び日本を不況に落とし入れようとする福井総裁の強い味方が現れましたよ。 その名は禅タクロース、略してゼンタ。Buy Nothing Dayのシンボルらしいです。これは「本当に必要なもの以外は買わないようにしよう」という呼びかけで、11月26日がその日だとか。

これは、需要不足で困っている日本経済をさらに弱らせるための陰謀に違いありません!え?誰の陰謀かって?ユダヤ…がサンタはおかしいよね。はて。

2005年11月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:5

ニート度チェック

玄田さんが巻頭言を書いているニートサポートナビの中にある「ニート度チェック」なるものをやってみました。

結果は:
あなたはニートの傾向が少しあるようです。

あなたは少しだけニート傾向にあります。

現在就労しておらず、何かのきっかけが欲しい方は、「若者自立塾の紹介」において、
政府の施策である若者自立塾の様子がご覧いただけます。興味をお持ちでしたら各塾に
問い合わせてみるといいでしょう。
また、お住まいの地域のハローワーク・ジョブカフェや、「メールカウンセリング」で、
キャリアのことを含めていろいろ相談してみるのもいいかもしれません。

やべえ(笑)。

やるたびに毎回違う質問が出てきますね。2回目をやったら

あなたはニートの傾向が少しあるようです。

あなたのニート傾向はそれほど強くありませんが、注意したほうがよさそうです。
と出ました。


(追記)「玄田さんの」と書いてしまいましたが、彼が主宰しているわけではないようなので訂正しました。

上のチェックはネタでやってみましたが、

  • やるたびに質問のリストが変わって信頼性のある結果が得られるのか
  • どの質問に何と答えると「ニート度」(この用語自体笑)が上がるのか不明
  • 質問自体がへん。満員電車なんて誰でも嫌いでしょうに。それがニートとどういう関係があるのか?
という疑問を持ちました。なんとかして「あんたはダメ人間」と烙印を押そうとしているように思えます。

サイト自体は要するに職業紹介所らしいので、雇用のミスマッチが解消されるのなら結構なことなんですが。

2005年11月20日 未分類 トラックバック:1 コメント:3

財政赤字カリキュレータ

財政赤字カリキュレータというページを作りました。以前、メカゴジラと言っていたものです。この版はまだ非力なので「先行者」版ですが(笑)。

付属ドキュメントに書きましたが、推計方法はbewaadさんのリフレ政策に勝算ありやの方式に従っています。 税収は、3%のインフレならもっと上がるのではないかと思うのですが、正確な推計の方法がわからないのでbewaadさんのアイデアをそのまま使っています。

最終的には、金融政策と財政政策のパラメータのみ指定して、インフレ率や成長率、金利はそれから自動的に求めるようにしたいのですが、そのためにはもっともっと勉強しないとだめですねえ。

2005年11月20日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

7-9月期GDP

2005年7-9月期のGDP1次速報が発表されました。 前期(4-6月期)比で名目0.2%、実質0.4%と、成長のペースはややダウンしましたが悪くはない数字です。

しかし、GDPデフレータ(四半期前年同期比)は-1.1と、まだデフレ傾向は変わっておりません。この状況でなぜ量的緩和解除という話が出るのか理解できません。ここで利上げされたら、2000年の二の舞だと思います。

だいたい、名目GDPでみると、今だに1997年の値に達していないんですよねえ…安心するのはまだまだ早いぞ、と言いたい。

2005年11月11日 経済統計 トラックバック:0 コメント:2

bewaadさんのblog&メカゴジラ宣言

bewaadさんの本日のエントリのコメント欄がにぎわっています。炎上とまではいかないけど、いつもの客層とは違う人が書き込みしていて新鮮です。いや、的確な銅鑼さんのフォローも含め、ある意味見なれた光景とも言えるんですが。

アクセス稼ぎとか悪口言ってる人もいるけど、webmasterの戦略なんではないかと思いました。いつも常連がmasterへの肯定的なコメントしかつけない状態では緊張感も失われるし、リフレ派もいつの間にか多数派、とはいかなくても理解者が増えたと誤解してしまうかも知れません。

さて、自分も及ばずながら何かやろうと思っています。とりあえずは、目ざわりなアレに対抗するモノを作ろうかと。ゴジラに対するメカゴジラみたいなもんです。詳しくはできてからのお楽しみ。

いつもは不言実行なんですが、自分にプレッシャーかけないといつまでもやらないから、とりあえず何かやることだけ宣言しておきます。どっかで私をみかけたら「メカゴジラは?」とプレッシャーをかけていただければ幸いです。

2005年11月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:4

様相論理、可能世界、そしてインタゲ

スマリヤンの「決定不能の論理パズル―ゲーデルの定理と様相論理」は大変面白い本です。

この本、最初はスマリヤンの読者にはおなじみの「正直な騎士と嘘つきの奇人の島」のパズルから始まります。住人が騎士か奇人かをあてるパズルをいくつか解いたあと、島の住人に

あなたは、私が騎士だと知ることは決してないでしょう
と言われたらどうなるか(この住人は騎士か奇人か)?という問題が提示されます。

それまではパズルを解く自分=推論者とパズルの世界は分離していたのに、突然推論者の信念について述べる命題が導入され、推論者自身がパズル世界にひきずりこまれていくわけです。話は難しくなると同時に、俄然面白くなっていきます。

そして最終的にはゲーデルの不完全性定理にまで至るのですが、 ルイスやクリプキの可能世界も出てきます。

また、「自己充足信念」という概念--「この文は証明可能である」というヘンキン文に代表される命題--は、「皆がデフレになると予想すれば、実際にデフレになる」という経済現象を想起させます。

以上、田中先生の【ガンダム】めぐりあい宇宙=多世界解釈【経済学】を読んで連想した本の話を書いてみました。全くとりとめのない紹介ですみません。より詳しい紹介は、いずれまた時間のあるときに。

2005年11月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

最後の『冬ソナ』論

田中秀臣先生の「最後の『冬ソナ』論」を読みました。「冬のソナタ」を含め韓流ドラマは全く観たことがないので、正直第一部はちと辛かったのですが、第二部「なぜ経済学には純愛がないのか?」は面白く読ませていただきました。

この第二部は、「なぜ冬ソナブームは起こったのか?」という疑問から、利己的な愛ではなく利他的な愛に中高年女性が魅かれたのではないかという仮説を提示し、利己的経済から利他的経済へ、そしてリフレへとやや強引に(笑)話が進んでいき、途中からはもう完全にリフレ派の主張・解説になっています。 あと、恋愛にまつわる進化心理学の紹介はとても勉強になりました(欲を言えば、巻末に文献リストがあると良かったかと)。

以下簡単に感想を。

自分は外国産のみならず国産の恋愛ドラマにも全くうといので、的をはずしてるかもしれませんが、昔は日本でも利他的な愛・自己犠牲的な愛を描いた漫画やドラマがあったように思います。

例えば、本書を読んで最初に連想したのは、梶原一騎原作の 「愛と誠」です。主人公の早乙女愛の行動は、「そこまでやらんでも…」というレベルをはるかに越えてしまっています。愛をはさんで誠とは恋のライバルとなるNerd岩清水の行動も、まさに利他的だったと記憶しています。 (当時、テレビや映画の恋愛物には全く興味がなかったのでほとんど観ていません。ですので残念ながら例を挙げることができないのですが…)

ところが、いつのころからかテレビや漫画からそういうキャラは消え、柴門ふみが描くような、利己的な主人公たちの恋愛劇に移行してしまいました(もちろん高橋留美子「めぞん一刻」もそう)。いわばアダム・スミス的恋愛劇、とでもいうべきでしょうか。利他的なキャラは現実味が薄い、というような風潮があったかと思われます。そこで、かつて愛と誠にしびれた人達はしばらく利他的恋愛劇に餓えていたわけです。

そこへ突然、利他的な恋愛物語の「冬ソナ」が現れた。かつてそのタイプの物語を楽しんだ経験のある中高年はそれを思い出して冬ソナにのめりこんだのではないでしょうか?ちょうど、子供のころに食べた物に大人になってから再びめぐりあって懐しさを覚えるのと同じように。

というようなことを考えました。すみません、全然経済学と関係ないとりとめのない感想で。でも「愛と誠」はすごいですよ。あの主人公(愛)の行動を説明できるゲーム理論や行動心理学があったらお目にかかりたいです。

2005年11月04日 トラックバック:2 コメント:3

Amazonの新サービス「なか見!検索」

Amazonが、「なか見!検索」というサービスを開始しました。 これは、文字列を指定すると、それを内容に含む本を列挙してくれるというもの。その上、マッチしたページを閲覧することもできます。Amazon.comでは「Search Inside!」という名で以前からあったサービスですが、日本でもようやく使用可能になったようです。

さっそく、「リフレ」「インフレターゲット」「インフレターゲティング」等で検索してみましたが、あまりヒットしません。一番ヒットした「インフレ目標」でも出てきたのは原田泰・森永卓郎・ヴェルナーぐらいで、あとは木村剛や小沢一郎などのアンチか、経済用語事典や株式の入門書などばかりでした。まだまだ、検索できる書籍は少ないようです。

とはいえ、検索結果のページが閲覧できるのは画期的に便利です。例えば小沢一郎・菅直人の共著 政権交代のシナリオ―「新しい日本」をつくるために ですが、その中で「インフレ目標」に言及している31ページと前後数ページがそのまま見られるので、それを見れば、 小沢一郎が「インタゲなんてやったら日本の国際信用はゼロになりハイパーインフレ」「日本が不況なのはいつまでも戦後体制のままだから」という典型的なダメダメな主張をしていた、ということがわかります。無駄な本を買わずにすみますね。

この検索サービスは書籍の売上げに貢献すると思いますので、 リフレ派の皆さんには是非著書を検索対象に加えるように出版社に働きかけていただきたいと思います。詳細は、Amazonの 出版社様及び著者様、著作権者様向け 「なか見!検索」プログラムのご案内というページをどうぞ。

2005年11月01日 未分類 トラックバック:4 コメント:3

K16氏、バーナンキを語る

本日(10/31)の朝日夕刊の「窓(論説委員室から)」で、小林慶一郎氏がバーナンキ次期Fed議長について述べていました。オンラインでは読めないようですので全文引用します。

バーナンキ氏が、米国の連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に選ばれた。

18年間在任した現議長グリーンスパン氏は、巧みな市場との対話で90年代の反映を演出した。一方のバーナンキ氏は、高名な経済学者である。

30年代の大恐慌を分析し、金融政策を研究してきた。名門プリンストン大学の教授だったというだけではない。マクロ経済学の発展に大きく寄与する業績を残していることから、いつかノーベル経済学賞を取るかもしれない。

また、組織人としても、なかなかの手腕を見せる人物のようだ。

プリンストン大学は、企業の有名大学から著名な経済学者を集めてきた。日本でも知名度の高いクルーグマン教授や数理経済学者のシャインクマン教授らが、プリンストンに移籍したが、それはバーナンキ氏の引き抜きだと噂された。

金融政策では、インフレ目標値の設定を唱えてきたことで知られる。日本のデフレに強い関心を持ち、日本銀行がもっと積極的に金融を緩めればデフレは必ず脱却できると力説した。ある講演では、お札の量を増やすだけでデフレから脱却できることの数学的な証明を、「背理法」という手法を使って披露したこともある。

議論は明快だが、現議長のように市場の機微に寄り添う印象は薄く、やや理屈や論理への傾斜が強すぎるようにも思える。

米国がインフレ目標値を導入するのかどうか、興味は尽きない。

なんだかあたりさわりのない表現ですね。

小林氏は、3年前のこの記事では、「日銀がいくらがんばってもインフレにはできない」「インフレになっても不況は解決しない」とかなりすごいこと書いていたんですけどね。ちなみにこれ、朝日に載った一般人向け解説記事のはずなんですが、一般的な解説はどこへやら、小林氏独自の説を開陳する場と化していました。

以下の株価の話なんか目が・になってしまいましたよ。

インフレが起きれば、債務者は助かるから、不良債権問題もかなり軽減されるはずだという期待もある。しかし、それには少し無理がある。

これはインフレで株価がどれくらい上昇するかを計算してみると分かる。いま8000円台の日経平均株価が、2万円台を回復するためには、12%のインフレが10年続く必要があると、計算(10年間の配当の割引現在価値で株価を計算、利子率ゼロを仮定)で示すことができる。

この調子で「バーナンキを選ぶなんてブッシュは気違い沙汰」ぐらい言ってくれることを期待していたのになあ。 まあそれでも最後のパラグラフでさりげなくグリーンスパンをよいしょし、バーナンキをくさすのは忘れていませんね。

この3年前の記事を英訳して、次期議長に是非とも採点していただきたいところです。

2005年11月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。