スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

国内物価と輸入物価の乖離

このエントリは、bewaadさんの所の以下のコメントに始まるひろさんと銅鑼衣紋さんのやりとりへのコメントです。

物価変動を考慮する時にエネルギー価格を除去するのが妥当なのか、少し疑問に思っています。
たしかに気候の変動で価格が上下することがあるので、その観点から見れば妥当だと思います。が、昨今言われているように(正しいかどうかはわかりませんが)需給の締りや、投機(これは別?)によりエネルギー価格が上昇した時には、考慮に入れるべきだと思うのですが、いかがでしょうか?

内閣府の発表しているGDPデフレータを見てください。 これは国内総生産の物価変動を示す指標ですが、同じ表の中に輸入物価デフレータも出ています。

上で示したリンクはCSV形式なので、Excelが使えない環境の人のためにHTMLに変換した表も置いておきます。

で、この国内総生産デフレータと、輸入デフレータの値をとりだしてグラフにプロットしてみるとこうなります(クリックで大きい表に)。

GDP deflator graph

赤い線がGDPデフレータ、緑の線が輸入物価デフレータです。最近の輸入物価は原油価格上昇を反映して何と年率13%というかなりの高インフレとなっていますが、国内物価がそれにつられて(転嫁されて)上昇しはじめているようには見えません。

これは昨年12月までの状態で、今年になって国内物価も上昇しはじめた可能性もありますが、それにしてもいきなり金融を引締める必要があったとは思えませんね。

(追記)なおCPIについてはハリ・セルダンになりたくて - ここ8年間の消費者物価指数についてにグラフが掲出されております。

(4/5追記)銅鑼衣紋さんの助言に従い、X-12 ARIMAをつかって国内デフレータの方は季節調整したものに変えました(オプション指定なし)。輸入デフレータの方はそのままです。

スポンサーサイト

2006年03月24日 経済統計 トラックバック:0 コメント:4

毎度。すでにご存じとは思いますが、グラフのデータに関してコメント。見かけからいうと、やはり季節変動を除去した奴がいいですね。デフレータはインプリシットなので、季節調整済みの名目値を、同じく季節調整済みの実質値で除すると、一応は季節調整済み(のようなw)デフレータを算出できます。なお、季節調整プログラムは、http://www.census.gov/srd/www/x12a/
で入手可能です。

2006年03月28日 銅鑼衣紋 URL 編集

銅鑼さん、アドバイスありがとうございます。
あまりにも見事に夏枯れ、冬枯れの傾向が出てるので、これは季節調整しないとあかんなあと思ってましたが、ESRIには季節調整されたデフレータがなかったので手抜きしてしまいました。そうか、そうやれば良かったのですね。
ARIMA勉強します。

2006年03月29日 cloudy URL 編集

1.インプリシットデフレータでも、在庫デフレータは計算方法が
違うので(名目在庫残高/実質在庫残高)、公表値を割り
算しても求まりません。

2.こういうやつや、普通の物価指数はX12で直接季節調整
掛ければOK。ただ、構成項目ごとに掛けて加重平均したり、
加重平均を季節調整したり(残念ながら両者は一致しない)
などありますのでご注意を。

2006年03月29日 銅鑼衣紋 URL 編集

商務省からダウンロードできるプログラムなら、オプションなしを選択すれば、ともかく季節調整できます。グラフ作成みたいなことなら、あまり細かいことは気にしないでよいので、ARIMAの勉強とかいりませんよ。

2006年03月29日 銅鑼衣紋 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。