スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

デフレから脱却したのか?

コアCPI(食料とエネルギーを除いた消費者物価上昇率)が二ヶ月連続前年同期比でプラスになったということで、日銀は「もうデフレからは脱した、これからはインフレを警戒しなくてはいけない」という空気になっているようです。

実際、原油価格の高騰を受け、ガソリンを始めとして諸物価が上がりはじめています。生活感覚では、もうインフレ時代になったと感じている人が多いのではないでしょうか。

今日、朝日新聞の折込みに「私の財産」というフリーペーパーがはさまれていたのですが、それに「森永卓朗さんに聞く」という記事がありました。そこからの抜粋です。

-- デフレからインフレの変わり目は今ですか?

森永 多分、今年中に来ると思いますよ。秋までには来ると予想しています。ですが、それほどすごいインフレにはならないでしょう。せいぜい1%~2%程度くらいと見ています。その程度のリスクを取ることを考えたほうがいいですね。

ではもうデフレに戻る心配はないのでしょうか。私は疑問をもっています。

それは、現在のインフレは金融政策の効果というより、原油価格の高騰が原因と思われる点。つまり、原因が何であってもインフレ率がプラスになりさえすればOKなのか?という疑問です。

デフレは1994年から始まりもう12年も続いていますが、実は1997年に一度GDPデフレータがプラスに転じたことがありました。原因はもちろん消費税増税です(3%→5%)。もしも原油価格上昇によるインフレでデフレから脱却できるのなら、このときの消費税増税でもデフレが終了したはずです。ところが実際には増税は景気に冷水を浴びせ、デフレと失業をさらに深刻にしただけでした(増税直前は駆け込み需要で良かったが、その後は悲惨)。

原油価格高騰も増税と同じく、消費を増やすよりは減らす方向に働くはずです。

もちろん、実質所得低下という効果はあっても、インフレ期待さえあれば、「今消費しないと将来はさらに高くつく、だから今のうちに買っとこう」という心理が働き、それが景気を牽引するという可能性もあります(→山形さんの消費税率ジワジワ上げによるデフレ脱出法)。

しかし、現在の原油価格が投機的なものであり長続きはしないと人々が考えるならば、これはインフレ期待どころかデフレ期待につながります。その場合は上のような効果は期待できず、やはり景気は悪化することになるでしょう。

これが素人の杞憂ならいいんですが…
スポンサーサイト

2006年05月10日 金融政策 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://cloudy9.blog29.fc2.com/tb.php/29-c9ba3079

原油が上がれば消費は減るか?

cloudyさんが、「デフレから脱却したのか?」(http://cloudy9.blog29.fc2.com/blog-entry-29.html)で原油高騰→実質所得低下→消費減少という回路が働くと主張されています。明確には書かれていませんが、この消費は実質消費でしょう。

2006年05月13日 労働、社会問題

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。