スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ゼロ金利解除反対

いろいろと忙しくて丸々二箇月も空いてしまいました。
内容がないのですが、生存証明を兼ね、ゼロ金利解除反対の表明だけしておきます。

理由はbewaadさんkoiti_yanoさんsvnseedsさんが書かれているとおりで、私がつけくわえることはほとんどありませんが、参考までにGDPデフレータ(国内生産物の価格)と輸入デフレータを比較したグラフの改訂版(1-3月期を追加)を以下に貼り付けておきます。

GDPデフレータだけX-12 ARIMA(パラメタなし)で季節調整してあります。輸入デフレータは季節性が見られないので生データのままです。


GDP deflator graph


輸入物価の方がとんでもない伸びなので、消費者物価だけ見るとインフレと誤解してしまいそうですが、御覧のとおり(季節調整した)GDPデフレータは1-3月期になってまた一段と下降しているように見えます。

ソースは平成12暦年連鎖価格GDP需要項目別時系列表の中の四半期デフレータです。csvが読みにくいという方はHTMLのテーブル形式に変換したものをどうぞ。

(追記)予想通りやっちまったようですね。無担保オーバーナイト金利0.25%。
http://www.boj.or.jp/type/release/zuiji_new/k060714.pdf

しかし9人全員一致とは。誰も反対しなかったのですか。ローマ帝国の議会では全員一致は却下となる、という話を聞いたことがありますが(歴史に暗いので嘘だったら御勘弁)、異論なしにこういう重要な決定がなされるというのは、恐しい気がします。

なお、ついむしゃくしゃして苺に
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1145/419
を書いたのは私ですw
スポンサーサイト

2006年07月14日 金融政策 トラックバック:2 コメント:3

あのレスは素晴らしい(藁)思い出してみるとテポドン1が日本上空を飛び越えて太平洋に落ちたのが98年だったとか。その年は、ご承知の経済危機のピークだったことを思い出す僕は、心配のしすぎなのだろうかw

2006年07月15日 銅鑼衣紋 URL 編集

恐縮ですw

テポドンが飛ぶ年は日本経済が墜落、ですか。自分で警告記事書いといて何ですが、符合しないでほしいものですね。
自力がこれでダメになったので、残るは外需頼みですが…

2006年07月16日 cloudy URL 編集

> えっ?!?
> 金融政策が実質金利にどう影響するって?

> 言い換え:
> 短期金利の将来経路に対する期待の変化が、
> 物価指数連動国債の利回りにどう影響すん
> のよ?www

2006年08月16日 馬鹿なコピペ URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://cloudy9.blog29.fc2.com/tb.php/30-9dad5cb9

[BOJ][economy]ゼロ金利解除

昨日の(さらにはそれ以前からの)反対もむなしく解除されたわけですが(って、当たり前ですが(笑))、正直に申し上げるなら、3月に量的緩和政策が解除された段階で「デフレターゲット」と称し次のような政策運営を予想していたwebmasterとしては、来るべきものが来たなぁ

2006年07月15日 bewaad institute@kasumigaseki

[経済] 日本銀行のゼロ金利解除には根拠がない

 さて日本銀行がゼロ金利を解除しました。昨日のエントリーにも書きましたように、 1 日銀は、量的緩和解除→日銀当座預金残高削減 と 今回のゼロ金利解除 を切り離して考えています。(不連続説) 2 しかし、私には「量的緩和解除→日銀当座預金残高削減→今回の

2006年07月15日 Economics Lovers Live

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。