スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

弾さんの経済学理解

bewaadさんの11/3のエントリへのコメントです。コメント欄が込みあってるようなのでTBにしときます。

小飼弾さんとのやりとりが続いているのですが、以下の昨年の記事を見ると、どうも弾さんは経済学の入門書すらロクに読んでないのではないかという気がします。

動的比較劣位仮説

こうして格差が縮小すればするほど、比較優位は失われる。その時優位者はその優位を守ろうするが、劣位者は優位者側に加わろうとする。ダンナはダンナで居続けたいのだが、メイドはメイドの地位に甘んじたくはないのである。


弾さんは、比較優位を「ある国が他の国より優位にたっていること」と理解しており、劣位側の国がキャッチアップしたら追い付かれた国からは比較優位が無くなる、と考えているようです。

そうではなく、比較優位というのは、ある国のある産業が、自国の他産業に比べて優位にあるかどうかを(他国の同産業の状況を勘案して)問題にしています。つまり、国民全員が何も生産しない乞食にでもならない限りは、つねに何かしら比較優位産業は存在します。だから、状況の変化によりそれまでとは別の産業が比較優位となることはあっても、「比較優位がなくなる」ということはありえないのです。

リンク元の「金融日記」でもちゃんと説明されているのですが…。また、bewaadさんの2005/8/3のエントリにも説明があります。

で、言いたいことは何かというと、弾さんはまず、経済学の入門書をきちんと読んだほうがいいのではないでしょうか?ということです。どうも経済界で成功した人にありがちな、「オレ経済学」の方が正しくて、既存の経済学は間違っていると思い込んでいる人に見えるのですが…。物理学でいうなら「相対性理論は間違っている」と主張するトンデモさんの類ですね。

経済学が人間の行動を研究する学問である以上、まだまだ未知の領域は認知科学と同様たくさんあります。しかしわかっていることもかなり多いのです。今、必要なのは経済学2.0などではなく、そのわかっている部分の一般への理解だと思います。
スポンサーサイト

2006年11月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

はじめまして。
弾さんのサイトのトラックバックから来ました。
エントリーの内容はほぼ同意です。
私も自分のブログでそう書こうと思ったのですが、弾さんがネタで書いたのかどうかがわからなかったので控えました。
弾さん、成功した人にありがちな"経済学と経営学"を混同しているパターンですよね。
弾さんが常日頃主張している"生産性の向上"、
これが達成できれば必然的に経済成長する
というのは経済学部で一年生のころ習うことなんですけどね・・・。
経済成長の変動が大きくなってはいけないという主張ならまだわかるのですが・・・・。

経済学でわからない分野というのは私が大学のころ専攻だったマクロ経済学では"ケインズ派と古典派を矛盾なく融合させること"ですよね。
ケインズ派の理論はデフレのとき、古典派の理論はインフレの時に有効そうでうまいことやれば、これら二つの理論を統合した新しい理論ができそうなんですが・・・・。

2006年11月05日 TRIPLE URL 編集

地方(富山)にいるけど賢くなりたい経済学教員
http://d.hatena.ne.jp/osakaeco/20061114/p2

2006年11月15日 経済成長 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。