スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

リサイクルしますか、しませんか、それが質問です

100%再生紙は環境に悪い、という話が朝日新聞の記事に出ていました。
日本製紙は古紙100%の再生紙の販売を9月をめどにやめる。木材チップを使わず環境に優しいイメージがあるが、古紙リサイクルには石油、石炭など化石燃料が大量に必要なため、100%にこだわるべきではないと判断した。日本製紙連合会によると製紙大手では初めて。古紙配合率を70%に引き下げ、化石燃料使用量を10%程度減らす。引き下げた分は割高な木材チップを使うためコスト全体は上がるが、価格は据え置く。


実は今年の初めに中西準子先生が、製紙業界へのコメントとして以下のようなことを雑感に書かれていました
紙のリサイクルを行わず、パルプから紙を作るようにするとエネルギー原単位は大幅に低減する。その上で、植林活動を行えば、排出が相殺されるため、ネットでの排出量はほとんど0になるだろう。

今回の決定は先生の助言を受けてのことだったのでしょうか。あるいは、原油や古紙の価格上昇も関係しているのかもしれませんが、いずれにせよ産業界が「何が何でもリサイクル・リユーズした方が善」という幼稚な段階を脱しつつあるのは好ましいことだと思います。
スポンサーサイト

2007年04月25日 環境 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。