スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最後の『冬ソナ』論

田中秀臣先生の「最後の『冬ソナ』論」を読みました。「冬のソナタ」を含め韓流ドラマは全く観たことがないので、正直第一部はちと辛かったのですが、第二部「なぜ経済学には純愛がないのか?」は面白く読ませていただきました。

この第二部は、「なぜ冬ソナブームは起こったのか?」という疑問から、利己的な愛ではなく利他的な愛に中高年女性が魅かれたのではないかという仮説を提示し、利己的経済から利他的経済へ、そしてリフレへとやや強引に(笑)話が進んでいき、途中からはもう完全にリフレ派の主張・解説になっています。 あと、恋愛にまつわる進化心理学の紹介はとても勉強になりました(欲を言えば、巻末に文献リストがあると良かったかと)。

以下簡単に感想を。

自分は外国産のみならず国産の恋愛ドラマにも全くうといので、的をはずしてるかもしれませんが、昔は日本でも利他的な愛・自己犠牲的な愛を描いた漫画やドラマがあったように思います。

例えば、本書を読んで最初に連想したのは、梶原一騎原作の 「愛と誠」です。主人公の早乙女愛の行動は、「そこまでやらんでも…」というレベルをはるかに越えてしまっています。愛をはさんで誠とは恋のライバルとなるNerd岩清水の行動も、まさに利他的だったと記憶しています。 (当時、テレビや映画の恋愛物には全く興味がなかったのでほとんど観ていません。ですので残念ながら例を挙げることができないのですが…)

ところが、いつのころからかテレビや漫画からそういうキャラは消え、柴門ふみが描くような、利己的な主人公たちの恋愛劇に移行してしまいました(もちろん高橋留美子「めぞん一刻」もそう)。いわばアダム・スミス的恋愛劇、とでもいうべきでしょうか。利他的なキャラは現実味が薄い、というような風潮があったかと思われます。そこで、かつて愛と誠にしびれた人達はしばらく利他的恋愛劇に餓えていたわけです。

そこへ突然、利他的な恋愛物語の「冬ソナ」が現れた。かつてそのタイプの物語を楽しんだ経験のある中高年はそれを思い出して冬ソナにのめりこんだのではないでしょうか?ちょうど、子供のころに食べた物に大人になってから再びめぐりあって懐しさを覚えるのと同じように。

というようなことを考えました。すみません、全然経済学と関係ないとりとめのない感想で。でも「愛と誠」はすごいですよ。あの主人公(愛)の行動を説明できるゲーム理論や行動心理学があったらお目にかかりたいです。

スポンサーサイト

2005年11月04日 トラックバック:2 コメント:3

cloudyさん、どうも丁寧で好意的な書評をいただき本当に感謝します。もう少し進化心理学を研究してからさらに愛の経済学を深めたいと思ってます。ところで『愛と誠』ですがリアルタイムの作品ですのでかなり好きです。人間性からか悪の匂いのする影の番長好きでした。笑。
「君のためなら死ねる」とかいまやパロディーにもならないほど風化したのは残念です。ここらへんは文化財保護の観点からorz
それと誠がそもそも愛に額に怪我を負わされたときも、当時、並行的に人気のあった『子連れ狼』の大五郎かよ、とひとりつっこんだことを思い出します。普通、泣くか気を失いますよね(^^;)
梶原一騎伝を斎藤氏が書いているみたいなのでこんど読んでみたい気になりました。
ともあれありがとうございます。次の新刊は普通の経済学を予定しておりますので、今回の第一部のようにかく乱項は存在しないようにしたいと思いますm( )m

2005年11月04日 tanakahidetomi URL 編集

もうちょっと高級な感想を書ければよかったのですが、それはhicksianさんのために取っておいたということでw
原稿書きの旅に出られるとのこと、お気をつけて。成果を楽しみにしております。

2005年11月05日 cloudy URL 編集

も~、へんなプレッシャーかけるから指が震えてタイプできなかったじゃないですか(笑。
ヒックス追加して出直してきます。

2005年11月07日 hicksian URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://cloudy9.blog29.fc2.com/tb.php/7-a7a86900

冬ソナ.com

韓国ドラマファン必見!正規直輸入品をアジア各国から! ◎アジア各国から正規商品を直輸入!だから安い! ◎定番商品から貴重品まで納得価格でご提供! ◎各種お得キャンペーン実施中! ◎ご注文の商品は最短4日でお届け! ◎メルマガ配信により、新着情報、お得情報

2005年12月13日 アクセスアップ・サイト紹介

ゲーム理論ゲーム理論(ゲームりろん)とは、複数の主体の存在する状況下での意思決定について研究する、20世紀半ばに確立された数学の一分野であり、「理論」の名を冠してはいるが単一の理論ではなく通常学問の分野や研究のアプローチだとされる。経済学、オペレーションズ

2007年10月03日 経済学のことを知ろう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。